営業代行おすすめ会社

 

発注先探しでお悩みの方へ


会社が多すぎて
どこを選べばいいのか...

ネットで検索すると何十社も似たような企業がヒットして、何が違うのか、どこが一番いいのか判断できない。

発注先を調べるのに
時間がかかる...

普段の業務も忙しいのに、サービスの違いや金額も調べないといけないので、時間がかかって困る。

相場も選ぶポイントも
よくわからない...

業界の相場や、サービスを選ぶポイントがわからないので、比較検討したくてもなかなか難しい。

 

人気のある会社やおすすめの会社など、御社にぴったりな企業を厳選してご紹介します。

業界の専門コンサルがあなたに代わって、全国すべての業者様をお調べします。

これまでの実績をもとに業界の相場情報や選ぶポイントもご紹介しています。

詳しい説明はコチラ

 

 

 

 

『営業代行』企業一部紹介

お急ぎの方はお電話ください
03-6380-1099
(営業時間:平日10時~18時)

簡単1分!一括見積もり依頼

 

 

エリアから探す

北海道・東北

北海道 青森 秋田 岩手 宮城 山形 福島

北陸・甲信越

新潟 長野 山梨 富山 石川 福井

関東

東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬

東海

愛知 三重 岐阜 静岡

関西

大阪 京都 兵庫 奈良 滋賀 和歌山

中国

広島 岡山 山口 鳥取 島根

四国

徳島 香川 愛媛 高知

九州

福岡 熊本 鹿児島 佐賀 長崎 大分 宮崎 沖縄

 

 

 

 

営業代行とは

営業代行とは、企業の商品やサービスの営業活動を、その企業に代わって行うことです。
アポイントを取って、訪問営業をしたり、店舗やブースに立ち、商品を販売することもあります。

営業代行業務のメイン活動はテレアポ代行と訪問営業代行の2つですが、他にもいくつか種類がありますので、それぞれ紹介していきます。

テレアポ代行

電話で営業を行い、アポイントを獲得します。新規顧客へひたすら電話営業することもありますし、既存顧客へフォローを兼ねて電話することもあります。基本的には、訪問などは行わず、アポイントを取るだけというものになります。

商談は自分で行くのでアポだけ取ってほしいと考えている企業向けのサービスです。

訪問営業代行

飛び込み営業や、アポイント取得後の商談やクロージングなど、対面が必要となる営業活動を代行します。アポイント獲得からクロージングまでのすべてを受けることもあれば、商談・クロージングだけなどスポット的に代行する企業もあります。

営業人員が足りず、クロージングまでやってほしいと考えている企業向けです。

インサイドセールス

内勤型の営業活動を行います。メルマガ会員やイベントなどで名刺交換をしたお客様や、メルマガ読者、以前取引をしたお客様などの見込み顧客へ電話やメールで営業活動を行います。興味のあるお客様のアポイントを取り、訪問営業部隊にトスアップします。訪問まで行う営業代行会社もあります。

既存顧客フォロー

既存のお客様へアフターフォローやアップセルなどを行います。ルート営業を行う営業代行会社もあります。

展示会、ブース営業

展示会などのイベントスタッフとして、ご来場されるお客様へ商品サービスを紹介します。名刺獲得やアンケート調査から、商談まで行うことも可能です。

 

 

営業代行の6つのメリット

1.即戦力となる営業人員が手に入る

営業代行会社に依頼することで、自社で教育をしなくても、すぐに営業スキルの高い人材を確保することができます。

営業代行会社は営業のプロ集団です。様々な業界の商品・サービスを売り続けてきた経験があります。営業力がなければ、会社を続けていくこともできません。そのため営業スキルが高い人材がそろっています。

 

2.新規開拓のスピードが上がる

即戦力となる営業人員が確保できるので、新規開拓のスピードが上がります。他社に遅れを取らないように、市場顧客を抑えたい場合、スピードが重要です。営業人員を増やし、訪問件数、受注件数を伸ばすことができます。

営業人員を採用して、一定の営業レベルまでに育てるまでには、かなりの時間がかかります。このご時世では、採用もなかなか難しいです。すぐにでも新規顧客開拓を行いたいのに、自社に営業人員が不足している場合は営業代行を利用してみましょう。

 

3.コスト削減できる

自社で新しく営業人員を採用すると、まず採用費がかかります。採用できてからは、毎月の給料に社会保険料、福利厚生費などもかかります。

さらに、一定の営業レベルまで教育する必要がある場合、研修費用や教える側の人件費もかかってきます。トータル1日かけてマネージャーが研修すると、人件費に2、3万はかかるでしょう。もちろん時間もかかります。

《給料25万の人を雇った場合》
一人採用するために、30~60万円
給料+その他費用に、毎月35~45万円
教育にかかる費用に、毎月5~10万円

会社の状況にもよると思いますが、うまく利用すれば営業代行会社に依頼したほうがコスト削減できます。

営業スキームを確立するまで営業代行会社に依頼してみるのもおすすめです。そこで得たノウハウを自社に展開して、自立するようにすればいいです。

 

4.分業することで効率が上がる

新規開拓のテレアポというは、やはり手間も時間もかかる大変な仕事です。アポ取りをしながら、商談の準備や既存顧客のフォローまで行うと営業担当の負担はかなり大きくなります。テレアポでかなりのストレスを抱えてしまう営業担当もいます。

その負担を軽くするために、営業代行を利用する企業様も多いです。
営業代行会社にテレアポを依頼し、商談やクロージングのみ自社の営業が対応すると、営業は商談の準備だけに集中することができます。

分業することで、営業担当の心身の負担も軽くなり、大切な商談で最大限の力を発揮することができると思います。

 

5.営業ノウハウが手に入る

営業担当が少なかったり、そもそも営業をやったことがない企業には、営業代行はおすすめできます。

営業代行会社は様々な業種・サービスを販売・営業してきた、営業のプロフェッショナルです。最適な営業戦略や営業手法を使って、効率的に営業を行ってくれます。

営業スキームが確立するまで、初期の立ち上げなどに利用してもいいと思います。依頼した後に必ず自社に展開できるように、営業ノウハウは共有してもらうようにあらかじめ相談してみましょう。

 

6.新規顧客へアプローチできる

営業代行会社によっては、かなりの数の法人リストをもっています。すでに取引きやお付き合いがある会社も多くあることがあります。

自社の営業マンでは入りこめない企業にアプローチできる可能性が増えるので、そういった観点で利用する方もいます。新たな業界業種に新規開拓を考えているのであれば、営業代行を利用してもいいかもしれません。

 

 

 

営業代行の費用・料金相場

営業代行を利用した場合にかかる費用を紹介します。依頼前にある程度の相場を確認しておいてください。

営業代行の報酬形態は、『固定報酬』『成果報酬』『固定+成果』の3パータンです。

固定報酬タイプ

【相場】

1日あたり:2.5~3.5万円

1ヵ月(約20日間):50~70万円

固定報酬型は、毎月決まった金額を支払います。大体1ヵ月50~70万前後で、3ヵ月契約といったパターンが多いです。代行会社によっては、10日間などの短期で請け負う場合もあります。

ソリューション提案型の商材など、訪問営業が必要なものは、固定報酬型になることが多いです。

成果報酬タイプ

【相場】

アポイント獲得1件:1.5~2.5万円

受注ベース:要相談

成果報酬型は、アポイント獲得や受注が決まったときにのみ料金が発生します。テレアポ1件15000円~と設定している代行会社は多いです。

成約ベースの場合、無料サービスの登録などは請け負ってくれる会社もあると思いますが、数万円以上する商品の場合だと、成果報酬だけでは依頼を受けてくれるところは少ないと思います。

固定+成果タイプ

【相場】

1ヵ月(約20日間)合計:45~70万円

固定報酬 25~40万円

成果報酬 1件 1~3万円

これは、固定報酬と成果報酬の複合型になります。大体の場合、トータルで完全固定報酬の場合と同じくらいにはなると思います。

件数が全く取れなかった場合のリスク回避にはなるので、固定+成果で受けてくれるかどうかは相談してみてもいいと思います。

 

上記の報酬以外にも、初期費用(プロジェクト立ち上げ費用)や、毎月の管理費などの固定費もかかってくることがありますので、しっかり確認しておきましょう。

 

・ソリューション提案などの訪問営業は、【固定報酬型】

・テレアポや比較的簡単に営業できるものは、【成果報酬型】

・営業ノウハウはないが、比較的簡単なものは、【固定+成果】

 

 

ピックアップ記事

営業代行会社のおすすめ14社!営業代行を選ぶポイントやメリットをわかりやすく紹介!