WEB面接システム

コスト削減や人手不足、特に最近では流行が社会問題になっているコロナウイルスの対策としてなど、様々な理由でWEB面接システムの導入を検討している採用担当の方も多いのではないでしょうか。

WEB面接システムといっても、面接のみに特化したものからWEB会議機能が充実したもの、リモートワークやオンライン研修が可能なものまで、種類は様々です。ここでは導入を検討されている方に、WEB面接の基本情報から選び方、おすすめのサービスまでを合わせてご紹介します。

WEB面接システムとは


WEB面接システムとは、インターネット回線を利用してWEB上で応募者との面談や面接を行うシステムです。近年ネットインフラの発展と共に普及しているビデオ通話システム文化と、慢性的な企業の人手不足問題という二つの理由を背景に、人材獲得の手段としてWEB面接を取り入れる企業が増えています。

従来の採用活動では、応募者が企業に行くか、あるいは採用担当者が面接会場へ出向く必要がありました。WEB面接システムを導入することでその手間が省け、応募者は自宅や外出先で、採用担当者は社内にいながら面接を行うことができるようになります。更に地方や海外の人材との採用にも使えるため、より優秀な人材の採用を求めて導入する企業も多くなっています。

機能紹介

機能 説明
WEB面接 PCやスマートフォン、タブレットのブラウザで面接・面談が可能
応募者管理 応募者の情報をデータベース化し、採用状況(ステータス)も管理が可能
グループ面接 複数人が離れた場所から面接に参加可能
資料共有 面接中に他の参加者へ資料を表示して共有
録画面接 応募者が自己紹介動画を提出。書類選考なしでより良いスクリーニングを実現
ヒアリングシート 応募者が面接前後にシートを記入することでヒアリングが可能
録画機能 面接を録画して内容の振り返りや、申し送りなど様々な用途に

 

WEB面接システムのメリット

・パンデミック対策として有効

2019年末に中国で発見された新型コロナウイルスの感染拡大とその影響が日本を含む各国で大きな問題になっていますが、そのパンデミック対策としても人と接触せずリモートで面接ができるWEB面接システムは大変有効な手段です。WEB会議や研修もできる機能のあるシステムを使えば、通常業務を行いながら従業員の感染や被害の拡大を未然に防ぐことができるため、改めて注目・導入され始めています。

・様々な応募者を面接できる

WEB面接を導入することにより、地方や海外など遠隔地の応募者の面接が可能になります。スケジュールの都合がつきにくい応募者にも対応がきくため、採用の間口が広がり、企業により見合った人材を採用することに繋がります。

・コストが削減できる

従来の面接では採用担当者が本社から出向く場合に移動による時間のロスや交通費が発生していましたが、WEB面接ではそれが無くなります。また面接はもちろん応募書類の確認から採用・不採用の連絡も全てWEB上で行えるため、これまで掛かっていた印刷や郵送などの手間も掛からずスピーディーな選考が可能になります。

・面接動画を共有・見直しで効果的に選考できる

ツールにもよりますが、面接中の動画の録画機能がある場合は面接後に面接担当者以外も内容を確認できるため、複数の意見を踏まえて効果的に採用を行うことができます。

・WEB面接以外にも面談や研修などに活用できる

大きな特徴として、WEB面接システムは単に面接だけでなく、WEB面談や会議、商談、リモートワークなどにも活用することができます。ネットでの採用活動だけでなく会議や研修なども検討している場合はこういった機能があるシステムを選ぶと重宝するでしょう。

 

WEB面接システムのデメリット

・無料版はネットが不安定になる可能性がある

WEB面接システムでは無料版と有料版があります。無料版であれば導入コストがかかりませんが、その分接続が不安定になりやすく面接途中で映像音声に乱れ・遅延が起きる可能性もあります。利用できる機能数も限られる他、セキュリティなど安全性を考えれば有料版を検討するのも良いでしょう。

・導入費用がかかる

有料版を利用する場合、やはり導入に費用がかかります。しかしWEB面接システムを利用することで面接会場の手配や移動コスト、時間の制約などの手間が全てなくなるため、大きなデメリットとは感じない企業も多いです。

 

WEB面接システムを選ぶポイント

ここでWEB面接システムを選ぶポイントをご紹介します。

1.欲しい機能から考える

WEB面接システムにもそれぞれ使える機能に違いがあるため、WEB面接以外にどういった機能が欲しいのかまず考える必要があります。

2.WEB面接に特化したシステムで比較する

システムによっては面接の録画機能や、応募者が予め応募動画を投稿できる機能もあります。選考の質を上げる・より効果的に採用を行うことを重視する場合はこういった機能が入っているものを選ぶと安心です。

3.WEB面接以外の機能が必要かで判断する

一つのシステムにWEB面接以外の機能を求めたい場合、WEB会議や面談にも利用できるサービス豊富なシステムがぴったりです。オンライン研修などもできるサービスもあるので、どういった業務をネットで実現したいか考えて選ぶと良いでしょう。

4.採用管理を行うかで比較する

オンラインの面接だけでなく、合わせて採用の管理まで一括でできる充実したWEB面接システムもあります。採用管理システムも導入したい場合には、コストを抑えてまとめて利用できるのでこういったシステムを選ぶと重宝します。

5.使いやすさはどうか調べる

WEB面接システムは応募者と面接官の両者が利用するサービスのため、使いやすいことが大切になります。HPで実際の利用画面や使い方を確認して操作性をチェックしておくと失敗が少ないでしょう。

 

特におすすめWEB面接システム6選

1.インタビューメーカー


https://interview-maker.jp/

特徴

「インタビューメーカー」は導入企業1,100社以上のWEB面接システムです。他の担当者と面接動画を共有できる自動録画面接機能や、面接中に応募者の評価をできる応募者評価シートなど採用のサポートをする機能が充実しているほか、スケジュール管理機能を使えば、簡単に日程調整を行うことができ、Googleカレンダーなど外部カレンダーと同期すれば採用以外のスケジュール調整も一括で管理することが可能です。

履歴書やヒアリングシートは全てデータ化でき、合否判定等も全てインタビューメーカーで一元管理することが可能です。採用に特化した様々なサービスが充実している、WEB面接システムでも特におすすめのシステムです。

機能

・面接時資料閲覧機能
・応募者が事前に動画を録画できる録画面接機能
・採用分析・レポート機能で過去の採用データを分析、レポート可能

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し期間
39,800円~

 

2.HARUTAKA


https://harutaka.jp/

特徴

ハルタカは人事担当者も応募者も双方が使いやすいように設計されたWEB面接・動画面接プラットフォームです。アプリ不要でサービスを利用できるのが大きな特徴で、応募者は思い立てばWEBを経由してすぐにエントリー可能なため、機会損失もなく採用の間口を広げることが期待できます。管理機能では応募者を一覧管理でき、ソートで簡単に選考状況や特性などを把握できます。

また採用分析機能を使えば採用プロセスをデータで管理でき、採用の効率化に役立てることができます。回数無制限で利用できる無料の初期導入サポートもあるので初めてWEB面接システムを使う場合にもおすすめのサービスです。

機能

・訪問登録で企業の個性をわかりやすく紹介
・応募者とより密に連絡が取れるチャット機能
・候補者管理で応募者を一覧管理

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し期間
5,000円~

 

3.i-web LIVE


https://www.humanage.co.jp/

特徴

「i-web LIVE」はアプリ不要でWEB面接を実施できる採用管理システム「i-web」と連携したオンライン面接システムです。採用管理システム一体型なので、i-web利用者であれば新たなシステム操作を覚えることなく、使い慣れたサービスを利用しながらオンライン面接をすることができます。

またi-web LIVEは遠方に住んでいる応募者だけでなく、ボストンキャリアフォーラムなど海外との面接もスムーズに行える点が特徴です。更に面接以外にも、内定者に対して入社前の個別QAやフォローなどもオンラインで行うことが可能です。

機能

・フォロー面談機能
・ライブ面接機能

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し期間

 

4.V-CUBEミーティング


https://jp.vcube.com/service/meeting

特徴

V-CUBEミーティングはPCやモバイルなど様々なデバイスで使用できる高品質のクラウド型サービスです。世界最高品質の映像と音声技術を採用し、高画質・高音質で安定した接続でストレスなく誰でも簡単に操作することができます。

PC画面共有では履歴書や資料などを応募者と面接官で同時に確認しながら面接を進められ、録画機能では面接場面を録画して後の採用選考に活用することができます。更に別拠点にいる複数人が50人まで同時参加可能で、発言者は画面に大きく表示されるためグループ面接としてもスムーズに利用できます。

またWEB面接システムとしてだけでなく、本来の用途であるWEB会議サービスとしても充実した機能を搭載しているため、広い利用範囲とコストパフォーマンスの高さが魅力のサービスです。

機能

・チャット機能
・招待機能でURLを送付すれば誰でも招待可能
・リアルタイム翻訳機能で外国語を即時翻訳してテキスト表示

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し期間
2,000円~ 30日間

 

5.BioGraph(バイオグラフ)


https://www.biograph.jp/

特徴

BioGraph(バイオグラフ)は目的に応じて必要な機能を利用できるWEB面接の専用システムです。採用面接を日程の調整から管理まで全てシステム内で一元管理できるため、管理の負担を軽減させながら多くの応募者との面接が可能になります。

売り手市場の現状を踏まえ、応募者の取り逃がしが起きないように利用登録不要でスマホからでも面接できるシステムになっています。またWEB面接に特化しているため特殊な操作や複雑な機能を覚える必要もなく、応募者と採用側の双方が簡単に利用することができます。

面接予約一括登録やJIS規格の履歴書PDF生成、入職書類フォームなど、面接採用のためのサービスが整ったWEB面接システムです。

機能

・録画選考機能で採用選考を効率化
・面接情報検索機能
・複数の採用担当者が面接に参加できるオブザーバー機能

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し期間
10,000円~ 10,000円~ 月5回まで

 

6.playse web面接


https://playse.jp/meet

特徴

「playse web面接」は3分で使い始められる、面接時間をできるだけ短縮して採用面接を効率化したい方におすすめのWEB面接ツールです。

ヒアリングシートや自己紹介動画を応募者が事前に準備することで面接前の選考が容易にでき、面接時間の節約が可能に。更に評価シートで視覚的に面接結果を管理できるほか、応募者管理機能で応募者の情報をデータベース化し、応募から採用までをまとめて管理できます。

また会社全体の採用ステータスや応募者のアクティビティ、面接のスケジュールをまとめて把握することができるなど、採用業務を効率化する仕組みが整ったサービスです。

機能

・応募者管理機能
・応募者が予め紹介動画を作成できる動画選考機能
・ヒアリングシート機能

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円~ 14,800円~ 14日間

 

WEB会議機能も充実しているサービス2選

1.Calling Meeting


https://www.calling.fun/

特徴

Calling Meetingはインストール不要で簡単にWEB面接や会議を始めることができる総合プラットフォームです。会議室のルーム名とパスワードを決めれば簡単にURLが作成でき、用途や参加者に応じて自由にルームの使い分けも可能。スマホやタブレット等モバイル端末対応で、URLをクリックするだけでOKです。

登録やインストールなしで簡単に参加できるため、応募者に負担をかけずにWEB面接を行うことができます。同時接続は30名まで可能なのでグループ面接の他、WEB会議としても円滑にサービスを利用することができます。画面共有機能の他、PDFファイルを参加者と共有でき、ホワイトボードやトークスクリプト、アンケート機能等、面接と会議両方に使えるサービスが充実しています。

機能

・メモ&エクスポート機能
・資料ダウンロードでダウンロードとURL共有が即可能
・ルーム内チャット機能

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し期間
100,000円 59,000円~ 30日間

 

2.Fresh Voice(フレッシュボイス)


https://www.freshvoice.net/

特徴

「Fresh Voice」は最大200拠点を同時接続できるiPhoneやiPadに対応のセキュリティ重視型のWEB会議システムです。クラウドタイプとサーバータイプの2種類があり、クラウドタイプは他拠点WEB会議システムの導入が可能、サーバータイプの場合は銀行、保険や省庁などで使用されています。

サイバー攻撃等の被害はリリース以降一度もなくサポート体制も手厚いため、高いセキュリティを求める場合は特におすすめのサービスです。

機能

・最大200同時接続可能
・地図機能搭載で参加者の現在地が把握可
・会議の録音・録画機能

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し期間
100,000円 15,000円~ 2週間

 

WEB会議や面談・研修など多機能なサービス4選

1.FaceHub


https://www.face-peer.com/service/index.html

特徴

「FaceHub」は企業の働き方をリアルタイムコミュニケーションで革新し、持続的な成長を支援する業務効率化ツールです。シンプルで使いやすい操作性にこだわり、必要な機能を絞り込むことでマニュアル不要で誰でも簡単に使えるサービスになっています。

インストールやアカウント不要でビデオURLを作成でき、簡単に他者とオンラインのやりとりが可能です。通話機能は1対1、1対N、N対Nとそれぞれ採用面接、研修会議などに最適なスタイルで利用することができます。有料のオプション機能をニーズに合わせて追加する形なので、無駄を省いて必要なサービスだけを使いたい方にもおすすめできます。

機能

・チャットボード機能
・画面共有機能
・動画ストリーミング再生

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し期間
10,000円~

 

2.Conect live(コネクト・ライブ)


https://comm.rakuten.co.jp/houjin/connectlive/

特徴

「コネクト・ライブ」はブラウザを通していつでも誰とでも簡単に繋がるWEB会議ソリューションです。会議の主催側も参加側もソフトウェアインストールや事前設定など必要なく、各自が使い慣れたブラウザで参加することができるため特にPCスキルもいらずに簡単に会議を行うことが可能です。

WEB面接システムとして使える以外にも、多忙な営業マンが外出先でオンライン商談を行えたり、ヘルプデスクの方が画面共有機能でお客様をよりスムーズにアシストをしたり、在宅勤務者が本社と簡単に遠隔で連携を取ったりと、様々な利用シーンに利用すことができる便利なサービスです。

基本のパッケージに必要な機能が全て入っており、通信は暗号化されてセキュリティの面でも安心できる充実したサービス内容となっています。

機能

・テキストチャット機能
・参加者招待機能で簡単スピーディーに会議に参加
・遠方や国外からも円滑にやりとりできる多地点会議機能

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円 1,950円 30日間

 

3.LiveCrowd(ライブクラウド)


http://www.livecrowd.jp/

特徴

「LiveCrowd」は離れた拠点とインターネットを通じて映像・音声のやり取りや、資料の共有などが行える高品質なWEB会議システムです。面倒なインストール作業などは不要で、WEB会議以外にも取引先への遠隔営業や日本全国・世界中の受講者へ向けてのオンライン研修、遠隔地でのフィールドワーク作業、在宅勤務支援など、様々な使い方が可能です。

資料共有機能で全参加者とPowePointやPDF、エクセル等様々なデータを共有でき、ゲスト招待機能では簡単に会議や商談に対象者を招待することができます。会社の規模や業態を問わず様々なシーンで使え、サポートセンターでは利用方法から運用体制の構築も支援してくれるので安心して導入できます。

機能

・スケジュール機能でLiveCrowd内の予定管理可
・PCからの操作をモバイル端末に同期する同期機能
・管理者機能

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し期間
100,000円~ 10,000円~ 14日間

 

4.LiveOn


https://www.liveon.ne.jp/

特徴

「LiveOn」は簡単・手軽に始められるWEB会議・テレビ会議システムです。音切れと音声遅延を回避するために独自の自動帯域制御機能やジッタバッファ制御機能を採用しているため動画映像と音声のレベルは安定的で高品質です。

多拠点接続時や海外など回線状況の悪い環境でも途切れや遅延が起きにくいという点が大きな強みで、災害や緊急事態が起きた場合には情報収集ツールとしても利用できます。また資料共有機能を始めとして、ホワイトボードやメディア再生など多彩な機能を搭載しており、WEB面接や商談、サポート業務などにも利用することができるほか、遠隔相談窓口や遠隔医療ツールとしても活用することができます。

機能

・コール機能でコールセンターへの呼び出し可
・メディア再生機能
・ホワイトボード機能

料金プラン

初期費用 月額費用 無料お試し期間
78,000円~ 3,000円~ 14日間

 

最後に

WEB面接システムの紹介は以上になります。人手不足やコスト削減をしながらより効果的な採用ができ、更にパンデミック対策としても有効なWEB面接システムは、働き方の多様化とともに今後ますます一般的になっていくと言われています。リモートワークやWEB会議にも使えるサービスも豊富に揃っているので、是非この記事のおすすめを参考に導入を検討してみてください。

おすすめの記事