動画広告配信おすすめ会社

 

現在多くの企業で注目されている「動画広告」についてご存じですか?動画広告の市場は拡大しており、広告媒体費も毎年伸び続けています。新しい広告の形として注目されているこの動画広告について、今回はメリットやデメリットも含め詳しくご紹介します。

動画広告とは

動画広告には代表して4つの種類があります。インストリーム広告、インリード広告、インバナー広告、オーバーレイ広告と呼ばれるものです。

インストリーム広告

インストリーム広告は、動画コンテンツと同画面に表示されるタイプの広告です。従来のバナー広告よりも大画面で表示されることに加え、動画再生の前後と中盤に再生されるため視聴者の目に入りやすいという特徴があります。また動画は音声付きで再生されるため、ビジュアルと音声の両方から広告のアピールが可能です。

インリード広告

インリード広告は、記事などのテキストコンテンツに挿入されるタイプの広告です。記事を閲覧している際に自動再生される動画広告などがそれにあたります。この広告動画の再生は正しく画面内に表示されたときのみ起こるため、必ずしも閲覧者が広告を目にする訳ではないという特徴があります。

インバナー広告

インバナー広告とは、ウェブサイト内の広告枠で配信されるタイプの広告です。特徴として、インストリーム広告と異なり、動画をスキップしたり途中で飛ばす機能はなく、設置によってユーザーに適した広告を表示することができます。

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告とは、ウェブブラウザの一定箇所に固定表示されるタイプの広告です。記事を読んでいる際にスクロールする過程で表示される広告などがオーバーレイ広告になります。スクロールの影響を受けず広告を表示させることが可能という特徴があります。

 

動画広告が注目される理由は?

動画広告の市場は現在大きく成長を続けています。D2C・CCI・電通・電通デジタルが共同で実施した2019年度「インターネット広告媒体費の詳細分析」では、動画広告が前年比157.1%と全体の約20%である3,184億円に伸長し、2020年には前年比113.0%の3,597億円になると予測されています。

ここまで市場が大きく伸びている背景には様々な理由があります。

・ネットの需要が増えてきている

これまでは、テレビや映画で動画を見ることが主流でした。特にテレビで流れるCMは新商品やサービスの情報を得る情報源として大きな役割を担っていました。しかし誰もがネットを利用できるようになった現在はネット需要がテレビ需要を上回ってきており、動画メディアを中心として動画広告が広く利用されています。ネット需要は将来的にも拡大傾向にあるため、動画広告の市場は伸び続けていくと言われています。

・動画メディアと視聴デバイスが充実してきた

YouTubeやNetflix、Amazonプライムビデオなど動画配信サービスも充実しているのも大きな要因です。以前は動画視聴は若い世代に限られていましたが、現在では動画サービスは10代~60代の間で全体の7割を超えています。このように視聴する世代層が広がったことで、動画広告がリーチできる層も同時に広がってきています。またスマホによってどこでも動画視聴ができる環境があることも一因となっています。

・5Gの普及によって動画広告の可能性がさらに広がる

2020年には大手通信キャリア各社で5G(第5世代移動通信システム)によるサービス開始が予定されています。5Gが広く普及することによって、高速かつ大容量の通信が可能になり、従来の4Gに比べて最大で10倍の速度が期待できます。また多端末の同時接続と低遅延も特徴で、どこでも変わらない通信速度でネット利用が可能になります。現在は動画広告によるパケット消費を好まない利用者が多いですが、5Gの普及でネット利用料が下がることで、動画広告がより影響力を持つようになると考えられています。

 

動画広告のメリット

・静止画よりも記憶に残りやすい

動画は静止画よりも認知されやすく、記憶に残りやすいです。文章の場合は読む人が限定されますが、動画であればより多くの人が観ることができます。CGや図形などを交えて視覚的に説明することで、より短時間で多くの人にわかりやすく伝えることが可能です。注意を引く内容で目と耳の両方へ訴えかけることで、視聴者は集中して広告を見てくれます。

・ターゲットを設定してより効果的に宣伝できる

テレビCMとの大きな違いとして、動画広告では性別や年齢、地域や好みのジャンル、その他様々なフィルタリング条件を設定できるという特徴があります。これにより、より効率的にターゲット層に対して広告宣伝ができるため成果向上にも繋がります。更に視聴したユーザーをトラッキングすることができるため、引き続きのフォローが可能です。

・内容次第ではネット上でバズらせることも

広くSNSが浸透している今、話題性のある広告や記事によってはバズる(ネット上の口コミを通し一躍話題となる)ことが可能です。様々な世代や多様な視聴者層の注目を短期間で一気に引きつけることができるので、サービスや商材を宣伝するために強い効果を発揮します。

・分析と改善をより詳細に行える

動画広告は効果測定ツールなどを利用することによって、テレビCMなどよりも詳細に分析を行うことができます。広告の表示回数や再生回数、ユニーク視聴者数などの情報を元に制作することで、より反響の高い動画で効果的な宣伝をすることができます。

 

動画広告のデメリット

・バナー広告などに比べれば製作コストが掛かる

従来のネット広告費用に比べると、一定のクオリティを持った動画広告を作るためには制作費が多く掛かることになります。テレビCMよりは低価格ですが、バナー広告ほどの安価な値段での広告作成は難しくなります。

・動画広告は制作に注意が必要

大手動画メディアであるYouTubeの動画広告タイプの中に、TrueView広告という動画本編前に再生されるものがあります。これは広告が開始されて5秒後に視聴者がスキップできてしまうもので、「最初の5秒で気を引くことがCMの鍵」とも言われており、最後まで視聴してもらうためにはかなりの工夫が必要とされます。逆にスキップの選択ができない動画広告の場合は、視聴者のストレスになりやすく企業の心証を悪くしやすいため注意が必要です。このように、これまでのテレビCMとは異なるアプローチが必要になるため、効果的に宣伝するためには動画広告に対応できるクリエイターが重要になります。

・通信制限されている場合や通信環境の悪い場所では不利になる

動画広告はデータ通信量に含まれるので、wifiなどのない環境で自動再生された場合など、視聴者にとっては特にストレスになってしまいます。ただし今年2020年から5Gが商用化されるため、通信速度のさらなる高速化により動画広告での宣伝が一層一般化されていくため、これは現時点でのデメリット言えるでしょう。

 

外注と内製ならどちらが良いのか?

外注の場合

メリット

クオリティの高さを求めるなら、動画制作を専門にしている制作会社に頼むのがやはり一番と言えるでしょう。専門のプロが最新の機材やソフトウェアを揃えた環境で制作するため、自社で作るよりも圧倒的に高品質な動画広告が制作できます。これまでのノウハウと効果的な演出や技法を駆使した動画広告で、より効果的な集客が可能になります。

また、制作会社に外注することで、広告動画に関わる時間は内製の場合と比べて大幅に軽減されます。必要な作業も確認などの最小限に限られるので、社員が本来の仕事に専念できます。

デメリット

外注の場合、依頼する前に無数にある動画制作会社から自社に合う会社を選定する手間が掛かります。選定した制作会社に対しては、企業理念から対象商品やサービスの説明や様々な基本情報を理解してもらう時間も必要です。

また動画制作の繁盛期と重なる場合は納品時期が希望に沿われなかったり、改めて別の会社を選定する必要なども出てきます。また制作会社の利益も制作費に含まれるため、自社制作よりも動画広告費用は割高となります。

内製の場合

メリット

外注する場合、動画の長さや内容にもよりますが短いもので数万円から、複雑なものになると数十万円以上掛かることがあります。自社制作の場合は予算額に見合う制作会社を探す必要もなく、作業に掛かる人件費も上乗せされないため、最低限の必要経費のみでの広告制作が可能です。また商品のことを知り尽くした社員たちが制作に携わることで、打ち合わせなどに時間を取られることもありません。

社内での作業なので問題解決や改善策が必要な場合にもすぐに確認を取ることができます。更に外注の場合は制作会社のスケジュールに沿うことになりますが、自社での制作であればそういった事もなく、加えて隙間時間などを使って作業を進めることもできます。

デメリット

自社制作の場合、動画制作の期日が迫っている状況などではそちらに時間が取られることで本業が圧迫されることになります。動画広告のプロでない社員による素人同士の作業になるため、制作には時間が多く掛かりますし、出来上がった動画の質も外注のものほどのレベルは望めないでしょう。

また始めて自社制作する場合は動画制作の環境を整えるためのコストが掛かります。特にレンタルなどでなく設備を買い切りした場合、継続して動画制作を行わない限り制作費用が割高になるので注意が必要です。

 

主な配信先紹介

動画広告を宣伝するための主要な配信先4つをご紹介します。

YouTube

YouTubeの再生回数は圧倒的で、一日の再生回数は数十億回を超えます。10〜60代まで幅広い世代が視聴しており広く認知される可能性はありますが、視聴者は自分のクリックした動画視聴を目的としているため効果的な広告には工夫が必要です。

Facebook

FacebookはYouTubeの次に再生回数の多いSNSです。動画広告はタイムラインで自動的に再生されます。年齢や性別、地域や関心事などターゲットを絞っての配信ができる上、視聴者のシェアでより大勢に動画を見てもらうことも可能です。

Twitter

Twitterはテレビとの親和性が高いサービスです。ニュース速報や地震などの最新情報を素早く取得できる特徴を持ち、利用者の多くは情報検索ツールとしても利用しています。またリツイート機能により情報の拡散力も強いため、バズる広告を作れば大勢の人に見てもらうことができます。

Instagram

Instagramは若年層による長時間の利用が多く、起床して就寝まで幅広い時間帯で見られています。また若者の8割以上がInstagramの投稿の影響を受けた行動を取っていると言われ、一般人によるPR広告なども広く浸透しています。

 

動画制作から配信まで!おまかせ9選

1.株式会社リスティングプラス


https://ppc-master.jp/

ポイント

・YouTube広告とリスティングの相乗効果で売上げアップが期待できる
・研修などを通して広告運用に強い自社社員を育成できる
・将来的に自社運用を始める場合も、コンサルやアカウント引き渡しまで全面支援

特徴

株式会社リスティングプラスは、商品企画から集客、ファン化までのWEBマーケティングのすべてをサポートして売上アップを実現する会社です。YouTube広告ではその特性に加えて、リスティングプラスのこれまでの運用データやノウハウを活かすことで、より最適なターゲティングによる広告導入を可能にします。またサービスの品質を高く保つため、全案件においてチーム体制での運用を行っており、安定した運用と定期的な改善を行う環境を整えています。

2.株式会社メディックス


https://www.medix-inc.co.jp/

ポイント

・企画・制作から広告配信、レポーティングまでをワンストップで請け負う
・プロモーションの目的に合わせた提案が可能
・適切なKPI設定で効果を最大化

特徴

株式会社メディックスでは、営業や制作部門、解析チームが一丸となり、広告の提案から動画の企画・制作、KPI設定、広告配信、広告効果の測定・レポーティングまでをまとめて提供します。また視聴者をサイト誘導するか・動画を視聴してもらうかなど、目的と予算に合わせ多彩な広告メニューの中からプランを選ぶことが可能です。また動画広告初心者の方のために、担当者が効果的な活用法からKPI設定、制作から出稿の流れ、その後の対策についてもわかりやすく説明するため、経験が少ない場合でも利用しやすいサービスです。

3.Viibar


https://viibar.com/

ポイント

・施策設計から広告運用までまとめて一括提供
・広告配信先として多様なメディアに対応している
・動画広告に特化したクリエイティブ制作と施策体制が整っている

特徴

株式会社Viibarは、施策設計、企画制作、広告運用をワンストップでサービス提供することにより、スピーディーかつ効果的な広告施策を実現します。また動画を主軸として、広告・マーケティング目的に合わせた設計やプランニングを行います。多数の実績で培った企画・制作ノウハウと、ビジネス成果への貢献を実現するために構築した施策プロセスによって、広告やマーケティングの課題解決を支援します。

4.株式会社グラッドキューブ


https://www.glad-cube.com/

ポイント

・動画だけでない、本質的な課題解決にコミットできる
・マーケティングを理解した上での動画制作が可能
・制作完了後の動画活用のプランニングに強い

特徴

株式会社グラッドキューブは、様々な広告媒体から、ターゲット、動画内容、目標に合わせて最適な媒体を提案します。また動画配信結果をリサーチし、動画が潜在顧客のナーチャリングに寄与しているかどうかの分析・報告も可能です。テレビ広告を出すほどの予算はないがブランディングが必要、社運をかけたテレビ広告を成功させたい、という課題にも対応。動画広告によって認知度の向上から、その後に役立つマーケティングデータの獲得までサポートします。

5.株式会社エクスコア


https://video.xscore.co.jp/

ポイント

・ノウハウやナレッジを活かした最適プランを提案
・豊富な実績に基づく高度な知識と運用力でマーケティングをサポート

特徴

株式会社エクスコアは、インターネット広告・SEMを中心としたWEBマーケティング支援と人材紹介を行う企業です。WEBマーケティングでは検索連動型広告、ディスプレイ広告などの運用型広告の豊富な実績を基づいた集客を行います。

6.株式会社リンクル


https://rincrew.jp/

ポイント

・国内動画配信プラットフォームを完全網羅している
・動画広告運用術でダイレクトレスポンスの獲得が可能
・動画広告を通してWEBプロモーション全体の効果を最大化できる

特徴

リスティング広告の運用特化型代理店としてスタートした株式会社リンクルは、動画広告の運用を扱う専門チームを発足し、成果を生み出す動画制作や、最適な動画配信プラットフォームの配信を行っています。リスティング広告の運用代行で得たノウハウを動画広告の運用に最大限活用いることで、ユーザーのダイレクトレスポンスをもたらす動画広告の運用を実現します。

7.株式会社PLAN-B


https://service.plan-b.co.jp/

ポイント

・効果的な戦略設計から配信先選定、効果測定からレポーティングまで一括コンサル
・ユーザーにアクションを起こさせる動線設計
・インターネット動画ならではのノウハウを活かした動画作成

特徴

株式会社PLAN-Bは確実な成果に特化したデジタルマーケティングカンパニーです。動画広告のターゲットとなるユーザーに効率的に動画を届けるための戦略設計と配信先メディア選定、配信後の効果測定とレポーティングまでを一括してコンサルティング運用を行います。また動画制作から広告運用、WEBサイト制作まで一括した体制を保有しているため、ユーザーに最後までアクションを起こしてもらえるような動線設計とページ設計までを行っています。

8.angluee(アングル)


https://angluee.muve.co.jp/

ポイント

・独自の管理画面によって時間とコストを大幅削減できる
・低コストでクリエイティブ制作を一括で制作
・AI運用によるコンバージョンアップで効果的な広告運用が可能

特徴

angluee独自の管理画面によって、スムーズなデータ共有や打ち合わせ内容確認が可能で、制作にかかる時間やコストを大幅に削減できます。また動画作り放題の月額プランで、広告運用の自社商品紹介やABC分析など多様な用途に利用が可能です。更にAI運用による最適なターゲットのセグメントにより、アナログでの運用を超える広告運用を実現します。

9.unique one(ユニークワン)


https://www.unique1.co.jp/

ポイント

・Yahoo!JAPAN・Google認定パートナーとして、初回提案から結果分析まで一貫対応
・専門資格を持つスタッフが課題を解決
・映像制作と編集は専属ディレクターが対応

特徴

全員がGoogle広告有資格者であるユニークワンの広告運用チームが、課題解決のため最適な手法を提案し、配信開始後もきめ細やかなサポートを行います。自社で開発したダッシューボードにより、すべての媒体の広告配信状況をいつでも確認が可能。創業以来培われた実績とデータ分析力によって、低コストかつ高効率な広告運用を実現します。

 

動画広告ネットワークおすすめ5選

1.株式会社オムニバス「OVX」


https://e-omnibus.co.jp/

ポイント

・高い視認性と視聴完了率
・国内の有料動画広告枠をネットワーク化している

特徴

株式会社オムニバスによるOmnibus Video Exchange(通称OVX)は広告主が安心して動画広告を掲載するためのPMPです。OVXのネットワークは、ほとんどが国内大手通信社や新聞社など優良サイトの動画広告枠で構成されており、さらに最も視認性が高いと言われるプレロール型のフォーマットを採用しています。固定単価式での買付によって、値段高騰を避け、安定した完全視聴単価を残すことが可能です。

2.maio(マイオ)


https://maio.jp/

ポイント

・動画を視聴完了した場合のみ課金が発生する視聴完了課金システム
・動画クリエイターによるニーズに合わせた動画作成
・ユーザーに強いインパクトを残すスマホ特有の縦動画対応

特徴

maioはスマートフォンアプリユーザーに対して動画広告を配信するプラットフォームです。動画広告フォーマットは動画リワード、動画インタースティシャル、インタラクティブ動画の3種類から目的に応じて選ぶことができます。ユーザーが任意で視聴を選択するとフルスクリーンで動画再生され、完全視聴を促す再生形式によって商品やブランドの認知率向上が期待できます。

3.Vungle(バングル)


https://vungle.com/jp/

ポイント

・スムーズな広告でパフォーマンス向上
・人気アプリとの連携でユーザーエンゲージメントを確保
・KPIのリアルタイム追跡やターゲティングの調整により細部までわかりやすいレポート作成

特徴

Vungleは、業界をリードするクリエイティブなフォーマットと高い専門性を駆使し、ユーザーを引きつける仕組み作りをサポートします。またグローバルで幅広いアドネットワークにより、これまでリーチできなかった質の高いオーディエンスを掘り起こします。Vungleの強力なプラットフォームには競争を先取りするために役立つ情報と、アドバンテージを得るための追跡機能が満載されています。

4.LODEO(ロデオ)


https://www.lodeo.io/

ポイント

・縦型・横型・フリックパネル式での動画広告配信
・早く美しい動画再生技術
・国内最大の大型スマホメディアネットワークで配信可能

特徴

LODEOはスマートフォン動画に特化したアドネットワークサービスです。ユーザーの動線を邪魔しない縦動画配信フォーマット「タテフル」により、視聴者の記憶に強く残る動画広告を可能にします。また記事などのコンテンツ間に、画面占有面積最大90%で縦型動画の自動再生も行えます。スマートフォンの形状に合わせた最も自然でインパクトのある広告によって、商品やブランドの訴求が可能です。

5.NEPPA(ネッパ)


https://vanx.co.jp/neppa/

ポイント

・動画とバナーの2つの形式で運用が可能
・配信先の開示による透明性の確保
・少額からの広告配信ができる

特徴

NEPPAは通常の静止画広告に加えて、様々なフォーマットの動画広告を配信できる広告のプラットフォームです。最低出稿金額はなく、少量からの金額での配信可能なのが特徴です。ユーザー全体配信のほか、細分化されたカテゴリへの配信、ホワイトリスト配信など、様々なニーズに答えることができます。またクリック課金と視聴課金の2種類の課金方法から選択できるため、訴求するサービスや広告フォーマットごとに最適な課金方法を決定できます。

 

さいごに

今回は動画広告について詳しくご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。動画広告市場は毎年規模を拡大しており、また今年から普及が始まる5Gの影響で今後ますますメジャーな広告形態になっていくと予想されています。従来の広告媒体と比べても低価格かつ効果的に宣伝を行えると注目されている動画広告、ぜひこの記事を参考に検討してみてください。

 

おすすめの記事