エクスポネンシャル・テクノロジーとは、指数関数的に成長していくテクノロジーのこと。人工知能やVRなどの技術が例として挙げられる。

従来の技術が直線的で予想のつきやすい成長を遂げるのに対して、予測できないような急速で大きな変化を遂げる技術のことを指す。

 

シンギュラリティ大学という機関が28種類の技術をエクスポネンシャル・テクノロジーとして定義しています。
(シンギュラリティ大学は、レイ・カーツワイル氏とピーター・ディアマンディス氏がアメリカシリコンバレーで設立した教育機関)

◆28種類のエクスポネンシャル・テクノロジー
  1. 無人航空機
  2. バーチャルリアリティ(VR)
  3. 拡張現実(AR)
  4. ビッグデータ分析
  5. サービスロボット
  6. 機械学習
  7. 脳とコンピューター結合
  8. 3Dプリンター
  9. 4Dプリンター
  10. デジタル取引
  11. 携帯式分析機
  12. 自動運転車
  13. シェアリングエコノミー
  14. モジュール化
  15. 再生可能エネルギー
  16. 知覚インターフェース
  17. 量子コンピューター
  18. 郡制御、群知能
  19. 人工臓器
  20. ナノ粒子
  21. ナノ素材
  22. 遺伝子治療
  23. 遺伝子編集動植物
  24. センサー郡
  25. スマート繊維・素材
  26. テレプレゼンス
  27. 感情コンピューティング
  28. ニューラルネットワーク

 

 

【エクスポネンシャル・テクノロジー】

読み方:えくすぽねんしゃる・てくのろじー

英語:Exponential technology

例文
(1)エクスポネンシャル・テクノロジーの発達は今までにない速度での変化を社会にもたらすでしょう。
(2)シンギュラリティ大学という機関が28種類の技術をエクスポネンシャル・テクノロジーとして定義しています。

 

 

おすすめの記事