ビジネスチャットツール

 

ビジネスチャットは、メールや電話に次ぐコミュニケーションツールとして注目され導入する企業も増加しています。場所を選ばず使えて、スピーディなやり取りができるビジネスチャットを活用して、業務の効率化や多様な働き方に対応することも期待できます。
おすすめのビジネスチャットの特徴・機能・料金を紹介しますので、導入を検討されている方は、参考にしてみてください。

ビジネスチャットとは

ビジネスチャットとは、SNSのように気軽に業務連絡やタスク管理、情報の共有が行えるコミュニケーションツールです。

LINEをプライベートで使っている方が多いと思いますが、ビジネスシーンには不向きな点があります。LINEのアカウント乗っ取りや情報流失のリスクがあるため、ビジネスで使用する際は、しっかりとセキュリティ対策がされているビジネス向けのチャットツールが望ましいのです。

ビジネスチャットツールは、メールほど堅苦しい文章は不要なので簡素な文章でスピーディなやり取りが可能です。部署やプロジェクトごとにグループを作成すれば、グループ内の複数人での会話や情報の伝達がスムーズに行えます。自然災害など緊急時には安否確認や連絡手段として活用することも期待できます。スマホがあればどこでも受信・返信ができるので、業務の効率化やテレワーク、生産性向上といった働き方改革でも注目のツールです。

ビジネスチャットの機能紹介

ビジネスチャットの主な機能をご紹介します。

チャット機能

テキストでやり取りするチャット機能がビジネスチャットのメイン機能です。1対1のやり取りはもちろん、部署やチームごとにグループを作成し、そのグループ内の複数人で会話を進めることができます。メールのような挨拶や署名などの入力が不要なので気軽にやり取りができます。

ビデオ/音声通話機能

テキストではなく、音声での会話、顔を見ながらのビデオ通話ができます。通話中に自分のパソコン画面を共有できる機能もあります。文字だけでは伝わらないときや緊急時は、声や表情で円滑なコミュニケーションが取れるようになります。複数人での通話も可能なのでWEB会議として利用できます。

タスク管理機能

タスクを作成、編集して管理する機能です。自分自身のタスクの把握、メンバー内でのタスクの共有・管理をします。タスクの内容や期日、進捗状況が確認しやすくなります。

ファイル共有機能

ExcelやWord、画像、動画などを添付してファイルの共有をすることができます。業務に関する共有したファイルを管理する機能もあります。通話中に資料を共有することもでき、可能で迅速な情報共有が可能です。

ビジネスチャットのメリット

・スピーディなコミュニケーション

送るときも受け取るときも素早くリアルタイムでやり取りができるのが魅力です。スマホがあれば、いつでもどこでもメッセージのやり取りができます。メールは送信する際にアドレス・件名・挨拶・本文…など入力することがたくさんあり、文章を考えるのに時間がかかります。ビジネスチャットは登録されている送り先を選んで本文を入力して送信するだけ。メッセージを受信する際も、メッセージに気づくまでの時間がメールよりもはるかに速いのです。

・情報の共有で生産性向上

業務をスムーズに遂行するためには、情報の共有、そしてスケジュールやタスクを共有することが重要になります。ビジネスチャットにはこれらの機能が備わっているので、各自でも管理がしやすく業務の効率化が図れます。場所を選ばず利用できるビジネスチャットなら、出張中やテレワークでも活用できるので、会議のための移動時間や交通費などの削減も期待できます。業務の効率を上げて、さらに無駄を削減して生産性向上につながることが期待できます。

・複数人でのコミュニケーションが可能

部署やプロジェクトなどグループを作成することにより、グループ内でのコミュニケーション・情報共有ができ業務が円滑に進みます。簡潔な文章が適しているビジネスチャットでは、やり取りが手軽でスピーディです。ビデオ・音声通話機能はWEB会議のように利用できるので、文字だけのやり取りよりもスムーズな情報共有、スケジュール管理が可能になります。

ビジネスチャットのデメリット

・対面のコミュニケーションが減る

ビジネスチャットを導入することで、チャット上でやり取りが完結して、直接顔を合わせる機会が減少するという懸念があります。チャットを利用したスピード感は重要なことですが、正確に情報を伝えるために、実際に会って会話をする、電話で話すといった判断ができるようにしましょう。

・重要な情報が流れる、埋もれる

気軽にやり取りができるため、次々と会話が進み、重要な情報が流れたり埋もれることがあります。また、すべての人に情報が伝わっているという認識でやり取り続けられる危険があります。メモやピン留めなどの機能を使うなど、重要は情報を見逃さない工夫が必要です。

・無駄なコミュニケーションが増える

時間や場所を選ばずやり取りができることはメリットでもありますが、無駄なコミュニケーションの増加につながります。常にやり取りが行われている状態なので、メッセージの確認や返信に追われ、時間と労力を使ってしまい生産性の低下につながります。ビジネスチャットの利用目的が業務上のコミュニケーションであるはずが、業務に関係ないやり取りが行われたり、業務時間外や休日まで連絡がくるという欠点があります。強いストレスを感じる人もいるので注意が必要です。利用の目的、仕事とプライベートの区別を明確にして利用しましょう。

ビジネスチャットを選ぶ3つのポイント

1.料金

ビジネスチャットを選ぶ際に気になるのが価格です。無料プランもたくさんありますが、有料プランに比べ、使える機能が少ないといったデメリットがあります。セキュリティや機能の種類で価格が大きく変わるので、利用目的を明確にして必要な機能を見極めることが重要です。

2.目的に合った機能が備わっているか

チャット・通話・ファイル共有など目的を達成のために備わっている機能がなければ導入しても無駄になってしまいます。使用目的を明確にして、前述のデメリットをなくすことも重要です。機能が複雑だったり使用が難しいものは、使いこなせず結局使用しなく懸念があります。電話やメールに並ぶツールとしてビジネスチャットは注目されていますが、頼りすぎることなく電話・メールとの使い分けを明確にすることも円滑なコミュニケーションには大切です。

3.セキュリティ

ビジネスの現場で、LINE等のチャットツールではなく、ビジネスチャットツールを使う大きな理由として、セキュリティ対策が挙げられます。日ごろプライベートで利用するLINE等はアカウントの乗っ取りや情報漏洩の危険が考えられ、ビジネス上での利用はリスクがあります。取引情報や顧客情報を扱うビジネスにおいて、高いセキュリティは必須条件です。不正アクセス・情報漏洩などの対策がしっかりとされているか確認しましょう。

特におすすめのビジネスチャット3選

1.Chatwork(チャットワーク)


https://go.chatwork.com/

特徴

導入企業は24万社を超える国内シェア№1のビジネスチャットです。チャット機能だけでなく、タスク管理、ビデオ通話など豊富な機能で業務をサポートします。

Chatworkに登録しているユーザーであれば、社内外の誰とでもつながれるので情報共有もスムーズです。メール、電話、会議など仕事で必要なコミュニケーションの活性化や業務効率化を実現します。官公庁や大企業も利用できる高いセキュリティ水準と情報管理体制で安心して利用できます。

機能

・チャット機能
・タスク管理機能
・ファイル管理機能
・ビデオ/音声通話機能

料金プラン

プラン名 フリー ビジネス エンタープライズ
対象 まずは無料で試したい方 組織で導入を検討している方 管理機能を強化したい方
料金(1ユーザー/月) 0円 500円 800円
グループチャット 14グループ 無制限 無制限
ビデオ/音声通話 1対1のみ 複数人 複数人
ストレージ容量 5GB 10GB/1ユーザー 10GB/1ユーザー
その他の機能 広告非表示
ユーザー管理
ビジネスプラン
+
社外ユーザー管理
モバイル端末制限
ファイル送信禁止
IPアドレス制限  など

 

2.Slack(スラック)


https://slack.com/

特徴

アメリカでリリースされたSlackは、IT系に人気でエンジニアに支持されるビジネスチャットツールです。チームのメンバーが連携しながらシームレスなチームワークを実現するビジネスコラボレーションハブです。

個人同士のチャットだけでなく、部署やチームごと作成するチャンネルでやり取りをします。シンプルなデザイン使いやすいので、ビジネスチャットツールに慣れていない企業もスムーズに導入することが可能です。Google DriveやDropboxなどフォルダ共有サービスやカレンダーなど1,000以上の外部ツールと連携できる拡張性の高いシステムです。

機能

・チャンネル(チーム別、プロジェクト別、顧客別などで作成したグループ)
・ダイレクトメッセージ
・通知
・メンション

料金プラン

プラン名 フリー スタンダード プラス
対象 無期限で試したい小規模チーム 中小企業 大規模な企業や高度な管理が必要な企業
料金(1ユーザー/月) 0円 年払い850円/月払い960円 年払い1,600円/月払い1,800円
メッセージ履歴 10,000件 無制限 無制限
音声/ビデオ通話 1対1のみ 参加者最大15名 参加者最大15名
ファイルストレージ 5GB チームメンバーごとに10GB チームメンバーごとに20GB
その他の機能 連携できるアプリ 10件まで
スタンダードサポート
連携できるアプリ 無制限
画面の共有
24時間7日間サポート
連携できるアプリ 無制限
画面の共有
年中無休・24時間サポート
SAMLベースのシングルサインオン
すべてのメッセージの Corporate Export

 

3.LINE WORKS(ライン ワークス)


  https://line.worksmobile.com/jp/

特徴

プライベートで使うことが多いLINEですが、なじみのある画面と機能で誰でもすぐに使えます。操作も同じなので社内教育が不要で、導入したその日から使いこなせます。

企業向けのため、外部からの攻撃にも備えた安心安全のセキュリティです。LINEでおなじみのスタンプはもちろん、カレンダー、掲示板、アドレス帳、アンケートなど仕事で活用できる充実した機能がそろっています。

機能

・トーク
・既読確認・再通知
・カレンダー
・アンケート
・アドレス帳

料金プラン

プラン名 フリー ベーシック プレミアム
対象 ・少人数のチームメンバーとのやり取りで使いたい方
・LINE WORKSを手軽に試してみたい方
・PCでもスマホでも簡単に使えるグループウエアを探してる方
・1つのアプリでチャットに加え、メールやストレージなどのグループウエア機能もまとめて使いたい方
・より強力な管理機能を必要としている方
・メールとストレージで十分なデータ容量が欲しい方
料金(1ユーザー/月) 0円 年額契約500円/月額契約600円 年額契約1,000円/月額契約1,200円
ユーザー数 100名まで 制限なし 制限なし
音声/ビデオ通話
画面共有
1対1のみ 複数人 複数人
共有ストレージ 5GB(容量追加不可) 1TB 10TB
その他の機能 カレンダー
アドレス帳
アンケート
フリープラン
+
カレンダー(タスク管理)
メール(30GB/ユーザー)
Drive(30GB/ユーザー)
フリープラン
+
カレンダー(タスク管理)
メール(無制限/ユーザー)
Drive(1TB/ユーザー)

 

ビジネスチャットおすすめ11選

1.Talknote(トークノート)


https://talknote.com/

特徴

Talknoteはメッセージのやり取りから情報管理まで、無駄をなくし生産性を高める機能が充実しています。業務の依頼や期限を管理して一覧で見ることができ、業務が完了していないときには、自動的に通知され、業務の抜けや漏れを減らすことができます。

独自のAIを搭載しているので、利用者個々のアスセス時間や投稿量から業務への意欲を解析する機能や、アクセス時間帯をもとにオーバーワークを検知する機能など、コミュニケーション量や仕事へのモチベーションを可視化することができマネジメントに生かすことができます。

機能

・メッセージ
・タスク管理機能
・アクションリズム解析
・オーバーワーク検知
・既読、未読

料金プラン

初期費用 + 基本プラン + オプション
※料金は要問合せ
※14日間無料トライアルが可能

 

2.InCircle(インサークル)


https://www.incircle.jp/

特徴

InCircleは、高度なセキュリティを誇り、国内での利用を中心に検討・設計されたビジネスチャットです。シンプルな設計で、はじめて扱う方でもマニュアルなしに簡単に操作できるように開発されました。

AI機能搭載で、チャットボットが人の代わりにコミュニケーションを行い、業務の手間を軽減し、時間やコストを削減して効率向上を可能にします。退職リスクを察知する機能を活用し、分析、フォローなど適切な対処により働きがいのある職場づくりにつなげます。

機能

・トーク
・画像、動画、ファイル添付
・チャットボット
・分析機能(離職防止)

料金プラン

プラン名 トライアル スタンダード プレミアム
対象 30日間無料トライアル 基本機能に人気の追加機能を追加したプラン すべての機能が利用可能
料金(1ユーザー/月) 0円 360円 600円
機能 20ユーザー
基本機能
管理機能
チャットボット(安否確認)
サポート ヘルプデスク
30ユーザー以上
基本機能
管理機能
チャットボット(5個まで追加可能)
サポート 専任担当
30ユーザー以上
機能機能
管理機能
チャットボット(10個まで追加可能)
サポート 専任担当

 

3.Microsoft Teams(マイクロソフト チームス)


https://www.microsoft.com/

特徴

Microsoft Teamsは、Microsoft社が提供しているチャットツールで、Office365の有料プランに含まれているサービスです。無料版でも基本的な機能を利用することが可能です。

1対1のチャット、グループチャット、音声通話、ビデオ会議など、ベストな方法でコミュニケーションをもっと効果的に、チーム内の意思疎通が図れます。Word、Excel、PowerPointなどOffice365のアプリ、サービスに直接アクセス可能で、共同での編集も簡単です。

機能

・チャット
・オンライン会議(最大10,000人)
・ファイル共有
・ファイル共同編集
・プロジェクト管理

料金プラン

プラン名 無料版 Office 365 Business Premium Office 365 Business Essentials
対象 Office365を契約していない方
Microsoft Teamsが気になる方、まずは使ってみたい方
法人向けサービスを必要としている企業
( Officeアプリ、法人メール含む)
法人向けサービスを必要としている企業
(法人メール含む。デスクトップ版Officeアプリは含まれていません)
料金(1ユーザー/月) 0円 年間契約1,360円/月間契約1,630円 年間契約540円/月間契約650円
機能 メンバー数 300人
1対1とオンライングループ音声通話
チャンネル会議
画面の共有
最大250人のオンライン会議・ビデオ通話
チームのチャット
画面の共有
会議の録音・録画
最大250人のオンライン会議・ビデオ通話
チームのチャット
画面の共有
会議の録音・録画

 

4.Workplace(ワークプレイス)


https://ja-jp.facebook.com/workplace

特徴

Workplace by Facebookは、Facebookが提供しているビジネスチャットツールです。画面や機能はFacebookに似ているので、普段からFacebookを利用している人はスムーズに利用できるでしょう。

Workplaceは、組織を対象とした安全性の高い環境で、メンバー同士がコミュニケーションを取り、コラボレーションできるツールです。Facebookで使い慣れたグループ、メッセージ、イベントなどの機能を、業務に役立てられます。チャットだけでなく、グループ内での情報共有やタスク管理、組織図、ビデオチャットなどを使うことができます。

機能

・チャット
・グループビデオ通話
・ファイルの保管
・自動翻訳
・ライブ動画ストリーミング

料金プラン

プラン名 エッセンシャル アドバンス エンタープライズ
対象 チーム 組織全体 複雑な組織
料金(1ユーザー/月) 0ドル 4ドル(約429円) 8ドル(約859円)
機能 チャット
チーム・プロジェクト 最大50グループ
グループビデオ通話 最大20人
ファイル保管 一人当たり5GB
チャット
チーム・プロジェクト 無制限
グループビデオ通話 最大50人
ファイル保管 一人当たり1TB
チャット
チーム・プロジェクト 無制限
グループビデオ通話 最大50人
ファイル保管 無制限

 

5.WowTalk(ワウトーク)


https://www.wowtalk.jp/

特徴

WowTalkは、誰でも使いやすい直感的な操作性でリピート率99%の満足度を誇っています。充実のカスタマイズ性にもこだわり、導入したその日から簡単に運用が可能で、業務効率向上につながります。スムーズな社内コミュニケーションで業務効率がアップし、会議にかかわる無駄な時間を減らし、通信費・出張費を大幅に削減します。

災害時など不測の事態が発生した際は、迅速に社内統制や安否確認を行うことが可能です。国産のサービスだからこその万全のセキュリティと管理機能で情報漏洩を防止し、大切な情報を守ります。

機能

・トーク
・無料通話、ビデオ通話
・掲示板(共有)機能
・タスク管理

料金プラン

プラン名 無料トライアル スタンダード プロフェッショナル
対象 2週間無料で試したい方 すべての機能が使えます 機能カスタマイズが可能
料金(1ユーザー/月) 0円 500円 800円
機能 トーク
掲示板
タスク管理
安否確認
無料通話(ビデオ・音声)
トーク
掲示板
タスク管理
安否確認
無料通話(ビデオ・音声)
トーク
掲示板
タスク管理
安否確認
無料通話(ビデオ・音声)
クラウド受付システム(タブレットで受付対応)

 

6.direct(ダイレクト)


https://direct4b.com/ja/

特徴

directは「現場」にこだわったビジネスチャットツールで、スマホやタブレットで活用できる機能が豊富に搭載されており、社内の人が使うPCと社外にいる人のスマートフォンの間で、密なコミュニケーションをとることができます。

1対1のトークやグループトークはもちろん、ボイスメッセージや位置情報が簡単に送信できるなど、スムーズな情報伝達に役立つ機能が豊富です。トーク画面で、アンケートやタスクの送信などが簡単に行える独自の機能があり非常に便利です。国産の自社開発だからこそ可能な、スピード感のある新機能の開発も魅力です。

機能

・トーク
・データ共有
・アクションスタンプ
・位置情報送信
・写真に手書きメモ

料金プラン

プラン名 30日間無料トライアル プラス プレミアム
料金 0円 12,000円/月 27,500円/月
機能 ユーザ数 10名まで
データ保存 30日間
トーク
アクションスタンプ
データ共有
検索
一斉連絡
ユーザ数 20名まで
データ保存 無制限
トーク
アクションスタンプ
データ共有
検索
ユーザ数 50名まで
データ保存 無制限
トーク
アクションスタンプ
データ共有
検索
一斉連絡

 

7.ChatLuck(チャットラック)


https://www.chatluck.com/

特徴

ChatLuckは、充実のセキュリティでリスクを最小限にするビジネスチャットです。クラウドに加え、オンプレミスも提供していているので自社専用環境を構築することも可能で、導入要件に合わせた柔軟なシステム構築に対応できます。

アプリの「セキュアカメラ」を使用して撮影した写真や動画は、スマホのアルバムにデータを残さずにそのまま送信・共有ができます。協力会社や取引先、アルバイト・パートなどの組織外のメンバーを簡単に招待できる機能により、すべての利用者を自社の環境で管理し、情報漏洩や標準的攻撃などのリスクを軽減します。

機能

・個人、グループチャット
・ファイル共有
・写真、動画の共有
・音声通話、ビデオ通話、画面共有
・タスク/スケジュールの共有、アンケート

料金プラン

プラン名 クラウド版 パッケージ版ユーザーライセンス パッケージ版ルームライセンス
料金 月額 300円(1ユーザー) 初期費用 360,000円~
2年目以降:年間72,000円~
初期費用 150,000円
2年目以降:年間30,000円
内容 ユーザー数 5~数千名
ルーム数 制限なし
ディスク容量 契約ユーザー数 x 1GB
100~数万名
ルーム数 制限なし
ディスク容量 制限なし
1,000名まで
ルーム数 10ルームまで
ディスク容量 制限なし

 

8.kintone(キントーン)


https://kintone.cybozu.co.jp/

特徴

kintoneは、サイボウズ株式会社が提供しているクラウドサービスで、プログラミングの知識がなくても、自社の業務に合わせてシステムを簡単に作成できる業務アプリ作成サービスです。

100以上のアプリから部署・業種別に合わせたアプリを選び、ExcelCSVファイルを読み込むだけでアプリ化することができます。ドラッグ&ドロップで必要な項目を選んで並べれば、業務に合ったアプリケーションが作成できます。複数のツールを導入するのではなく、一か所で管理することでコミュニケーションの活性化や情報の共有、効率化につながります。

機能

・アプリ(日報、タスク管理、交通費申請など100以上)
・コミュニケーション(スペース、個人メッセージ、スレッド、メンションなど)
・拡張機能

料金プラン

プラン名 30日間無料お試し スタンダードコース ライトコース
対象 会社の運用基盤として使いたい方 単発のプロジェクトで使いたい方
料金(1ユーザー/月) 0円 1,500円 780円
機能 アプリ数 ~1,000個
スペース数 ~500個
外部サービスとの連携、プラグイン、拡張機能可
アプリ数 ~200個
スペース数 ~100個
外部サービスとの連携、プラグイン、拡張機能不可

 

9.SMART Message(スマート メッセージ)

https://biz.smartmessage.jp/

特徴

SMART Messageは、操作性に優れた高セキュリティの法人用社内チャット、メッセンジャーサービスです。直感的にわかるシンプルなデザインで簡単操作のチャットでビジネスコミュニケーションのスピードアップを実現します。

高度なセキュリティと管理機能も備え、安全に社内利用できます。スマホアプリの機能制限の幅が広く、個々の社員を高度に管理することができます。セキュリティへの取り組みが認められ、金融機関にも導入されています。

機能

・チャット機能(個人チャット・グループチャット)
・ファイル送信
・通知管理
・企業別スタンプ
・メッセージ、ファイル検索

料金プラン

基本料金 1ユーザー:300円/月
※契約形態に合わせた料金設定が可能
※1カ月間トライアルあり

 

10.tocaro(トカロ)

https://tocaro.im/

特徴

Tocaroは、対話・共有・検索を柱として結果につながるチームワークの実現と支援をしてます。1対1でのメッセージのやり取りや社内外とグループディスカッションなど、あらゆるシーンに応じた直感的かつ柔軟なコミュニケーションを支えます。

どんなデータも簡単・安全・柔軟に共有でき、独自の横断検索技術によって自動で分類・整理されるので、メンバー間の情報共有を即座に実現します。圧倒的な検索力でメッセージをグループ、データ形式を問わず一瞬で探し出すことが可能です。

機能

・チャット機能
・ビデオ会議
・タスク管理
・コンタクト管理機能
・横断検索機能

料金プラン

プラン名 無料トライアル Enterprise
料金(1ユーザー/月) 0円 800円
機能 ビデオ通話
IPアドレス制限
スマホ端末制限
ユーザ管理
グループ管理
ストレージ容量 10GB/ユーザ
管理者向けチャットサポート

 

11.ZONE(ゾーン)

https://zo-ne.work/top/

特徴

ZONEは、直感的な手軽さでマニュアルなしでもすぐに使えるトークアプリです。 トーク機能を中心に多彩なスタンプ、 全社員への告知などで使えるタイムライン、アカウントを一元管理できる管理機能で構成されています。ZONEの導入によって社員同士がお互いを理解し自発的なコミュニケーションが生まれ、自走できる会社の組織を作ります。

情報漏洩を防ぐためセキュリティ対策も万全で、専用サーバーでのシステム構築でより堅牢なセキュリティを実現しています。

機能

・トーク
・ファイル管理
・メモ&プロフィール
・マルチウィンドウ

料金プラン

プラン名 1カ月無料お試し スタンダード プレミアム
料金(1ユーザー/月) 0円 年額一括払い800円/月払い890円 年額一括払い1500円/月払い1670円
機能 アカウント作成 無制限
保存容量 (1ユーザー)5GB
管理アカウント数 3
アカウント作成 無制限
保存容量 (1ユーザー)無制限
管理アカウント数 無制限

 

まとめ

おすすめのビジネスチャットツールの特徴・機能・料金をご紹介しました。チャットや情報の共有など基本機能のほかにも、セキュリティや操作性など比較すべきポイントがあります。誰でも使いこなせるシンプルなサービスから機能が豊富なものまでさまざまです。各社無料トライアルがありますので、実際に使って最適なサービスを選び、コミュニケーションの活性化や働き方改革に活用しましょう。

おすすめの記事